2010年10月22日

英​語​マ​ス​タ​ー​ア​ル​テ​ィ​メ​ッ​ト​マ​ニ​ュ​ア​ル​が期間限定割引

翻訳経験もあり、実際の英会話能力もきわめて高い英語指導者佐藤俊介さん。

彼がリリースしている英語教材に英語マスターアルティメットマニュアルがあります。

多くの英会話挫折者を救ってきた佐藤さんのこの教材が10月末まで6000円引きになっていますね。

習得法そのものはもちろんですが、継続と挫折の解消についてのノウハウは数ある教材の中でも極めて評価が高く、「あれだけでもお金がとれる」と評する人もいるくらい。

特典もたくさんついてますのでサイトで確認してくださいませ。
 ↓
英語マスターアルティメットマニュアル
posted by 英語学習マルチ情報館管理人 at 04:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月23日

速聴に関わる教材

「速聴」というものについて話してみたいと思います。


一時期の勢いはありませんが、日本語・英語を問わずはやっているし、かつてはこんな教材が最終兵器のごとく語られていたことがありました。
http://www.sokucho.com/


ここの教材はフルセットで購入すると車なみの料金がかかります。


今一番目に付くのはエブ○デイ・イングリッシュというでしょうか。


しかもこの教材、ある部分は某聞き流すだけ教材をちゃっかりパクってます。


この速聴ってやつなんですが、完全におかしな理論かというとそうでもないというのが僕の意見です。が、やり方を間違うと意味がないと思います。


たとえば、エブ○デイ・イングリッシュなんかは「動態なんちゃら」というものすごい理論名つけてる割に「48%増しの速さで聞くことにより普通のスピードがスローモーションに感じる」なんて小学生みたいなこと言ってますが、これはまずもってないです。


高速から降りてきたときに周りの景色がとまってるように見えるという、あの効果と同じです。名前を忘れた・・・・


販売サイトでも「感じる」といって表記しているように、本当は遅くはなってないんです(笑)。


はっきり言えば、その場限りの「錯覚」なんですね。


単純に考えて、48%増しのスピードとかで話すことってないんですし、理論的根拠も極めて弱い。


実際の会話は速くなるところと、ならないところがある。(メリとハリ)


そんなのを一切無視して早口言葉のごとくひたすら速くしたものになんの意味があるのでしょうか。


ネイティヴは、あくまでも「普通」にしゃべっているのであって、決して「早口言葉」をしゃべっているのではありません。


学習者を馬鹿にするのもいい加減にしろ!って感じがします。


ネイティヴと話したことある人はわかりますよね。彼らの英語が「速い」ってのと、単純に48%増しにした「速い」ってのは全く別物なんですね。


録音した僕らの日本語を2倍速で聞くのと、速くしゃべるのが全く異なるのと理屈は同じです。


つまり、「速いのを聞けばノーマルスピードは遅く聞こえる」というのは単なる錯覚であって、特にリスニングに効果はないということです。


これに関する反対理由その1。

 
基本的に「ノーマルで聞いても意味のわからないものを48%増しで聞くことで意味がわかるようになる」なんてオカルト現象は起こりえません。


ただでさえ意味がわからないのにさらに速くしてどうするんでしょう?


まだ歩くことのできない赤ちゃんに、走れと言っているみたいなもんです。


反対理由その2
その行為が意味不明


1点のみ考えられるのは、あくまで個人的経験にもとづいてなのですが、「速聴は脳みその回転を早くする」ということが言える気がするからです。


脳科学上はまだ極めて黒に近いグレーゾーンではないでしょうか。詳しい人いたら教えてください。


つまり、本当に速聴をすることで脳が活性化するかどうかはまだ未知なんです。


でも、僕が実際日本語や英語で速聴をやってみて、結構頭の調子がよくなった気がしたんですね。


だいぶ継続しましたが、結構調子がよくなります。


某社が言ってる「科学的に実証されている」というのはひとつの学説であり、嘘なんですが
実際にやってみると確かにそんな気はします。


そして英語の場合、「きちんと聞き取れているものを2倍3倍にして聞く」と、その活性化による集中力アップ効果によって確かによい効果が得られている気がするのです。くどいようですが、個人的にです。


万人に勧めるということはしませんが、かなりリスニングができる人ならばやってもいいんじゃないかなあと思います。


ちなみにエブ○デイ・イングリッシュなんか買わなくていいです。


あの教材が最悪とかいうわけではなく、単にぼったくりすぎです。


今はテクノロジーの時代なんです。


1万円くらい出せばかなりきれいに4倍速までしてくれるパソコン用ソフトウェアが買えますから、持っている音声で速聴は充分可能です。


最近はDVDまで速聴できるやつもありますしね。


まとめ

「速聴という行為は、脳を活性化させるために行うものとして効果があるかもしれない。リスニングに直接的な効果はないですから、聞き取れる英文を速聴するのはよいが、聞き取れない
英文を速聴するのは効率が悪いか無意味。」


追加

そういう教材を勧めているサイトは疑いの目を向けてみる必要があるかもしれない。
posted by 英語学習マルチ情報館管理人 at 10:31| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月19日

勝手な見解ですが、スピードラーニングはオススメしません。


yahoo知恵袋でこんなやり取りがありました。


【 質問の要点 】

1 スピードラーニングは効果あるのか?

2 石川遼が愛用して英語を話せるようになったらしいが
  本当に効果があるのか?

3 高いので、効果なかったら詐欺に近いのでは?


【 ベストアンサーの要点 】

1 教材なんてしょせんは詐欺に近い。

2 効果も保証があるわけじゃない。

3 その教材を使ったと遼くんが言うとともに、
  その結果こんなに上手いというのを見てから
  買っても遅くはない。


真意のほどはわかりませんが、


「教材なんてしょせんは詐欺に近い。」という見解はあまりにも乱暴過ぎるし、「効果も保証があるわけじゃない」も当たり前と言えば当たり前。最後の部分のみはまあまあ正論かもしれません。


こんな乱暴な回答がベストアンサーとは・・・・と思ったら他に回答者がいませんでした。(笑)


さてさて、スピードラーニングに関する僕の見解を述べます。


この教材にはいくつか問題点があると思ってます。ここでは大きく3つにしました。


1点目
「聞き流すだけで英語が口から飛び出す」という部分のクローズアップ



一番の問題は「だけ」と断言してることでしょう。遼くんのインタビュー記事を読むとわかりますが、「聞き流すだけ」ではありません。書いたり真似してるって言ってます。
(上げ足とりにきこえたらゴメンナサイ)


にも関わらず「聞き流すだけ」をクローズアップしてる点が僕は好きではありません。


それと、ここで詳しくは話せませんが、彼の高校におけるエピソード(もちろん英語に関して)も聞いたことがあります。それらを総合すると彼がこの教材だけで学習しているわけはありません。


インタビューの中で次のように言ってます。
「ですから基本的に話すときは、『スピードラーニング』の英語をまねしているだけですね。」


基本的にはなんです。


(ここもあげ足取りみたいで申し訳ないのですが、こういう部分をさりげなく折り込んでわからなくしてあることは大変問題があると思うんです。)


他もあるんですよ。


それからサポートとして月2回のネイティブとのフリートークをやってます。聞き流すだけじゃないじゃん。と言いたい。


まあ、効果を見るための実践の場を用意してくれていると思うことにすればいいのか・・・やっぱりおかしい。


2点目
価格が高過ぎる。



お得な一括セットでも161,280円(税・送料込)


分割なら初回が9,870円
残りは毎月4,515×46ヶ月ですから207,690円


合計すると217,560円


この計算が合ってるかどうかわかりませんが、少なくとも全巻で最低16万円かかるというのはわかります。


高すぎると思うのは僕だけ?


3点目
スピードが遅いし、キレイ過ぎる



僕は教材評価を必ず購入して使用後に行なうようにしてますが、その時は英語だけのCDは何と別料金でした。


今は込みになってますね。こちらの英語のみCDはナチュラルスピードということですが、うーん、遅いと思います。


ちなみに販売サイトを見るとサンプルの音声が見当たらない。テレビのCMではちょっと聞いたことがある気がしますがサイトには無い。


英語だけの方はまあまあ早いと思いますが、日本語、英語パターンのほうと来たらもう・・・・英語は遅いし日本語もなにやらぎこちないし・・・・


推測の域をでませんが、サイトにサンプルを「出せない」のだと思います。ナチュラルではないから。その点もマイナス要因になると判断してます。


他にもありますが、もういいでしょう。


以上の点から個人的にはオススメできないと言うのが僕の意見です。



追伸:


販売サイトのビデオで受講者の方が「早く上達する秘訣は無い」と断言してました。


ビデオですから何となく流れてしまうかもしれませんし、それが具体的にどういうことなのかはきちんと語られてませんが、僕は「だから48巻全部買おうぜみんな!」というように聞こえちゃいました。


毎月1巻ですから月払いだと4年間教材が贈られて来るんです。教材名と矛盾してるなあと思ったのは僕だけでしょうか。


posted by 英語学習マルチ情報館管理人 at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月14日

形容詞 extravagant

【 1 今日の英文 】


Would it would be too extravagant to buy both?
(両方とも買うなんて贅沢すぎない?)


こんなシチュエーション、よくありませんか?


続きはこちらでごらんください。
posted by 英語学習マルチ情報館管理人 at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月11日

スラング go Dutch

ども、松川です。

確かこのスラングに関するメルマガを配信したのは楽しみにしていた飲み会が急遽中止になった日でした。

そう、その日の飲み会はgo Dutchの予定だったんです。


Let's go Dutch for lunch.

さて、どんな意味でしょう。

続きはこちらでごらんください。
posted by 英語学習マルチ情報館管理人 at 08:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。